札幌市清田区のうすだ動物病院の診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターです。

うすだ動物病院

◎受付時間 9:00~12:00/16:00~18:30 (土曜日 9:00~13:00)
◎休診日 日・祝日、土曜日の午後

011-881-6996

スタッフ紹介

前回は、猫の慢性腎臓病についてお話ししました。

そもそも、どうして猫に慢性腎臓病が多いのでしょう。

様々な説があるのですが、AIMというタンパク質が関与しているのではないかと、いう最近の報告について、

もう少し詳しくお話しします。

 

AIMとは、免疫系に関与しているタンパク質の一種です。人における研究では、急性の腎障害が起こった際にダメージを受けて脱落した細胞を除去するサインをだし、尿細管のつまりを改善することがわかりました。つまり、腎機能を改善する働きをしています。

AIMは、血液のなかのIgMという抗体とくっついて存在しています。IgMから離れて腎臓内に入ることで、AIMは機能を発揮し、細胞の除去指令ができるようになります。

猫にもこのAIMはあるのですが、IgMとの結合力が強すぎるために、人のAIMのように腎臓でうまく機能していないことがわかったのです。

つまり、猫では急性腎障害が起こっても、腎機能を改善するような機能がうまく働いていないということです。それが、慢性腎不全に進行してしまっている可能性があるのです。

ちょっと難しい話になってしまいましたが…

腎臓で働けるAIMを、薬として投与すれば、猫の悩ましい腎不全の根本的な予防・治療になるのでは?!

高齢の猫の多くが慢性腎臓病で命を落としていることを考えると、このお薬が開発されれば、猫の寿命30年時代がくるのでは?!といわれているのです。すごい大発見ですね!

しかも遠い未来のお話ではなく、なんと2020~2022年に実現されるのでは?ともいわれています。待ち遠しいお話です。

※ちなみに、AIMはライオンやトラでもみつかりました!動物園のネコ科動物たちもっと健康になれるかも?!

※詳しくは、https://www.jst.go.jp/pr/announce/20160105/

2019年7月9日更新